ホントは気持ちいい♪冬のオープンドライブ!

姐さんのコラム

ホントは気持ちいい♪冬のオープンドライブ!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

夏の乗り物と思われているオープンカー。

ルパン三世のエンディングで、峰不二子が夕陽に染まる海沿いを、長い髪をなびかせながらオープンカーで走っていたシーンは印象的よね。
あのシーンに憧れて、オープンカーに乗りたいと思った人も多いのではないかしら?

実際にやってみると、これが気持ちいいのよ!

でもね、実際の所は夏のオープンカーなんて乗れたモノじゃないのよ?

真夏の昼間なんかにオープンで走っていると、クルマも人もジリジリ焼けて運転に集中出来ないどころか命の危険さえ感じる位なの。

じゃあ、いつなら気持ちよく乗れるのかって?
春先の桜が咲き始める頃と、夏の暑さが収まって涼しくなる秋にかけてかしら。

そして乗ったことのない人には意外かも知れないけど、実は冬もオープンカーを満喫出来る季節なの。勿論、積雪地方では満喫どころか暫くガレージでおとなしく春を待つ事が多いみたいだけどね。

出典 http://livedoor.blogimg.jp

強い風が吹いていない、雲の少ない晴れた冬の日。
そんな好条件に恵まれた日が、冬のオープンカー日和なの。

「天井ないんでしょ?何か寒そう・・・」って思うでしょ?
オープンにしてサイドウインドーを立てて、足元のヒーターをMAXにして走り出すとアラ不思議。思っている程の風の巻き込みがないから、案外暖かいのよ。

【頭寒足熱】って聞いたことあるかしら?
文字通り、頭を冷やして足元を暖かくする理想的な環境なの。
いってみれば、露天風呂に入ってる感覚ね。

とはいえ、やっぱり屋根の付いてるクルマとは違う環境でドライブする事には間違いないので、快適に過ごすためのオープンドライブのお供を紹介するわね。

出典 http://seekdrive.net

冬のオープンカードライブ必需品:1・サングラス

冬でもあなどれない紫外線の対策に。

屋根がないということは直射日光を浴びるということ。

紫外線が一番きつい5月程ではないけど、冬でも侮れないのが紫外線よ。特に青天井のオープンカーでは日差しを遮る物がない状態。目から入った紫外線がシミやそばかすの原因になるのはあまり知られていない事実。だからと言って、シミやそばかすが増えるからと引きこもるよりサングラスで防御するのが賢いわね。

オープンにして走ってるドライバーはサングラスを掛けている事が多いけど、決して格好つけているわけではないの。単純に眩しいのよ(笑)

ま、中にはカッコだけ気にしてるダサい輩がいるのも否定しないけどね。

冬のオープンカードライブ必需品:2・ストール

ぐるぐる巻ける位のサイズがベター。

女子力が高い人なら持ってる率高い、大判のストール。

ファッション性だけでなく実用性もある便利アイテムよ。
快適空間になるオープン時の車内でも、やっぱり耳元から上は巻き込んだ風の影響を受けるの。その時に首元を暖めるストールがあれば耳元まで引き上げることも出来て便利よ。

ドライブの途中で休憩する時のひざ掛けにもなるので、是非連れて行ってね。

冬のオープンカードライブ必需品:3・ヘアアクセサリー

セミロング〜ロングヘアなら必須よ。

「折角セットしたヘアスタイルが乱れちゃうから、イヤっ!」

そうね、時間を掛けて気合入れて巻いた、美容師並みにパーフェクトな巻き髪が崩れるのは嫌よね?それなら、わざわざオープンカーに乗らなくてもいいんじゃない?
この気持ちよさを味わう事を知らないのは勿体無いことだけど(笑)

最近のオープンカーは風の巻き込みが酷いものは少ないけど、横風が吹いた時にメデューサになりたくないのなら、セミロング以上の人はグダグダ言わずにサッとまとめちゃいましょうね。

いつもより、休憩のお茶が美味しく感じられること。

楽しいドライブの途中に、偶然見つけて滑り込んだカフェ。

クルマの硬めのシートとは違う大きな柔らかいソファに座り、素早くオーダーを入れてさっきまでのたわいもないおしゃべりの続き。

少し時間を置いて運ばれてきた暖かいダージリンティーが、少し冷えた身体に染み渡り、何だかいつもより数倍美味しく感じられる。

「何かさぁ、あー、生きてる!ってカンジするよね~!」
「楽しいよね!次はどこ行く?」
「そうね。これ飲んだら、もうちょっと走ろうか?」


そんなフツーのクルマでは味わえない冬のホットな時間を、あなたにも体験してみて欲しいわ。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
ふるさと納税 さとふる

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ